【商品レビュー】どんなときもWiFi

商品レビュー

ずっと使っていたWiMAXの2年縛りが切れることと、通信速度が遅いと感じることが増えて来たこと、そして新たにモバイルWiFiに入りなおした方がキャッシュバックの観点から言うと安くなることから、当時評判の良かった「どんなときもWiFi」にスイッチすることに決めたのが今年の3月初め。

たった数か月にも拘らず、色々な出来事があったどんなときもWiFiについて紹介していく。(酷評です。)

(7月8日追記)

下記で色々な側面から評価していますが、7月8日現在、23時前後から特に通信が途切れまくり使い物にならない状態です。そしてこの状況にもかかわらず、どんなときもWiFiは決して認めず環境やベストエフォートのせいにしてきます。総務省の調査で明らかなように会社ぐるみで隠ぺいしている体質のため問い合わせ窓口に電話しても無駄でしょう。

個人的なアドバイスとなりますが、決して最安値という訳でもなく、解約手数料がかなり高く、ルータ故障時の賠償額が高く、通信が途切れまくり、決して速度が速い訳でもなく、問い合わせに対しては会社ぐるみでごまかした実績のある会社のWiFiをお求めの方のみ「どんなときもWiFi」をおすすめします。

はい。正直ブチ切れてますので私は解約します。

価格面:☆☆☆(☆3つ)

タケノコのごとく出てきているモバイルWiFi業者の中でも一番ではないものの特別定額Aプラン(今は休止)で契約すると月額が安く解約料も安く、キャッシュバック5千円がもらえる(ただし11か月後)などトータルコストで考えるとそこそこ安い。

ただ注意点としては解約時に端末保証のオプション400円/月に入っていないと、端末故障や付属品がない状態だとバカ高い19,000円が掛かる。(端末はレンタルなので返却が必須。)うわさでは送られてきた箱が無いと更に上乗せされるや、キズなどを見ているのか何も壊れていなかったはずなのに費用請求されるなども。クレジットカードの支払いを拒否しても契約している法律事務所から怖い文面で脅迫めいた文章を送られてくるとのこと。(ウソかホントかは私は経験していなため憶測です。)

ただ保証に入っていればそんなこと気にしなくて済むし、オプション入れてもそこまで高くないので契約したい人はオプションも入れておいた方が無難。

ただしコレ以外の項目を我慢できるのであれば。

速度:☆☆☆(☆3つ)

使えるようになってから、そして安定して繋がっている時は10M程度が安定して出ており普通にネットやブログはもちろん、ユーチューブのHD画質を見ていても特に支障はない。決して早いという訳ではないため、思いファイルをダウンロード(更新ファイルなど)したりすると遅いなと感じる。

いままで使って来たWiMAXで少し気になると思っていた時と同程度の遅さであるため、WiMAXの速度は速かったんだな(あくまでモバイルとしては)と思う。ただ普通に使っている分には十分であるため、今年の2月あたりまでの高評価はこの辺りが理由だったんだと思う。

ただ安定して繋がれば。

使用可能エリア:☆☆☆☆(☆4つ)

WiMAXの弱点はなんと言ってもエリアの狭さ。カバー範囲は広いことになっているのだが実質繋がりにくかったりするところが多い。特に地下鉄などは大都市でも繋がりにくくなる。そんな時にLTE回線を使えるのだが、こちらが別料金で月額の金額が上がるのでコスト的に高くなってしまう。

一方どんなときもWiFiは3キャリヤの回線を切り替えるので基本的には何処でも繋がる感じ。まさにどんなときもWiFiが使える。

ただ3キャリヤに繋がると言いつつ、繋がるのはほぼほぼソフトバンク回線となっている。またどんなときもWiFiのホームページなどに記載にはないのだが、楽天回線もつかむことが比較的多く、掴んでしまったが最後、激遅回線になってしまう。楽天回線と言ってもMVNOの速度制限が掛かっている回線のためだが、こうなってしまうと再起動するしかなく、再起動も時間、手間がかかり、且つ端末に液晶画面等ないため凄くイライラする羽目になる。

レンタル端末:☆☆(☆2つ)

どんなときもWiFiはモバイルルータをレンタルする形になるが故障したときの対応などは前述したとおりなので割愛。

液晶画面がないためモバイルルータでは接続状況や掴んでいる回線などは分からない。基本的にLEDで判断するしかないが、エラーの時など点滅しているのが何を表しているのか正直覚えてられないので凄く不便と感じる。また大きさ的にも比較的大きめのサイズとなっている。(WiMAXのファーウェイ端末との比較)

一つだけ良い点は液晶がないため充電は十分で1日は持つ。ホントは数日使えるようにしてもらいたいが、WiMAXの場合は朝100%の状態で出勤すると18時から19時には充電が切れており、帰りの電車では使えないと言う事もしばしば。そういった意味ではメリットの一つとは思う。

安定性:-★★(マイナス★2つ)

3月初旬に使い始めてから少しの期間だけ普通に使えていたが、すぐに接続できない、出来ても激遅状態。ネットで同じ症状の人が居ないか確認すると、ほぼ皆さんが同じ状態。その後、しばらく経ってからようやく運営が障害の発生を認めるという手際の悪さ。更に使えない状態であるにも関わらず、その後の公式発表が遅い上に補償についても迷走。結局3月中旬になって一旦回線中止して欲しい旨のメールが届き、どちらにしても使えないので回線中止を申請。(当然補償があるとの記載があったため)

そして4月1日に再接続されて、使えるようになったのだがプチプチ切断されるうえに楽天回線良くつかむ問題が勃発。そして一番腹が立つのが夜寝ながら使っていると23時から24時過ぎの間にネット切断される障害が発生。ウトウトしている一番いい時間に切断されるのはイライラがMAXになる。

ネット検索すると同じ症状の人が多数。ベストエフォートなのは分かるため遅いのは理解できるが、接続が切れるというのはサービスの根幹問題。テレホーダイという今の世代は絶対知らないであろうネットが遅い以前にプチプチ落ちるのが当たり前の時代、つまり30年前に戻った感覚。(というのは言い過ぎかもしれないが)それくらいサービスとしておかしい状態が今現在も続いている。

アフターサービス:ー★★★★★・・・・(★マイナス無限)

まず第一に補償があると言うから回線休止申請し、口座登録までしたのに今現在補償はありません。どうやら同じ状態の人が多数おり、電凸するとサーバーの故障で払えていない人が居ましたーと言う事らしいが、電凸しなければ払う気はない様子。こんな対応普通ありえません。

また接続が落ちることに対して問い合わせしているがベストエフォートだの電子レンジが近いだの適当な事でごまかしており、最終的に端末故障の可能性があるから送り返せと。そして端末故障でも代替機はないと。さらにオプションの補償に入ってない場合19,000円掛かると。いやいや。現象的にいって端末やこちらの環境じゃないでしょと。

色々ありえない会社と言う事が分かりました。とりあえず、ひょんなことから楽天アンリミット申し込むことになったので、さっさとオサラバしようと思っています。

色々やらかした会社のその後・・・

この短期間でとんでもない状態なのは上記の通り。ただ私はの被害は序の口で障害発生後に使い放題が売りで契約しているにも関わらず月25GB制限を強制的に掛けたり、解約金無料と言われて解約した人に対して弁護士事務所から払わなければ訴えるとのメールが来ていたりとんでもないことに。

なかなか酷すぎる状況に対してついに総務省から指導が入りました。

総務省「MVNOサービス「どんなときもWiFi」の利用者へのサービス提供に係る株式会社グッド・ラックに対する指導等」

総務省|報道資料|MVNOサービス「どんなときもWiFi」の利用者へのサービス提供に係る株式会社グッド・ラックに対する指導等
 総務省は、本日、株式会社グッド・ラック(代表取締役 佐々木 允浩)において、電気通信事業法(昭和59年法律第86号。以下「法」という。)第1条の「利用者利益の保護」の趣旨に照らして不適切な行為が行われたこと並びに同法第27条に規定する苦情等処理義務及び第27条の2第1号に規定する事実不告知等の禁止への違反が認められた...

「総務省HPより引用」

イヤー酷いですね。会社ぐるみで25GB制限に対する回答はしない、という方針をしていたり契約なんて都合よく解釈して弁護士の名前出して脅せばいいと考えていることが総務省にしっかり指導されました。

ちなみにこの会社は「Broad WiMAX」と同じ系列です。こんな事が有ったクラウドSIMを使った使い放題モバイルWiFiはソフトバンク様が契約見直しの話が出ているらしいので、そうなるとWiMAX一択となるのですが、個人的には同じ系列の会社は選ばない方が無難と言わざるを得ません。

迷惑メールの中にキャッシュバックが埋もれて、結果的にキャッシュバックを逃す人が多いと言われているGMOですが、私はスケジュール登録してきちんとキャッシュバックを貰えましたし、会社としての安心を考えるならGMOを選びます。

タイトルとURLをコピーしました