【2020年2Q決算結果】アドウェイズ

アドウェイズ

アドウェイズ(2489)

先日21年2Qの決算予想として「売上高100億、営業利益で2億を超えてくると期待の決算予想をしたアドウェイズの決算結果を報告します。

21年3月期 第2四半期決算

早速ですが、11月6日に発表された21年3月期第2四半期決算ですが、売上高114.89億円(前年同期比+27.7%)、営業利益4.93億円(前年同期比99倍)、経営利益6.37億円(12倍)でした。

営業利益2億超えて来たら僅か2Qで会社予想越えだ!みたいなことを書いてましたが、予想を軽ーく上回って来ました(笑)過去の第2四半期決算を見直してみましたが、LINE思惑で株価が跳ねあがっていた時と比較しても過去最では?

そして当然ながらの上方修正を発表しましたが・・・。
営業利益を2倍の8.24億円と会社予想を発表。あと1.42億円営業利益が出たら会社予想を超えるので、このままいくと3Qでも上方修正がされることが想定されます。

アドウェイズはいつもそうですが予想が厳しい傾向がありますので、上方修正を重ねていくつもりなのでしょう。

3か月業績の推移から見てみる

四半期決算の推移を見てみると、博報堂と資本業務提携を締結してから伸びていることがハッキリわかります。

出典 株探より

博報堂と資本業務提携をしたのが19年の11月22日。ハッキリ言ってそれまでは徐々に営業利益が下がり20年3月期の1Qでは10億の赤字、2Qも僅か5百万と黒字にするのがやっとの状態。

そこから20年3月期の3Q、4Qと改善して行き、前年10億の赤字を出した1Qでも1.89億のV字回復と安定して稼げる企業に。これはインタビューでアドウェイズ岡村陽久社長が博報堂との資本業務提携で確実に効果が出ていると言っていたことを裏付けているのでいます。

と言う事は、今までのように実績の伴わないLINE思惑の時やその後の低迷期を乗り越えて、これからは安定して稼いでいくと個人的には思っています。

通期の売上・営業利益予想

会社予想では売上・営業利益ともにここ最近の2Q連続で新型コロナ影響があっても変わっていないことから20年2Qも売上高443億、営業利益8億(会社予想)と上方修正されました。ただ売上高は兎も角、営業利益ですでに6.82億円稼いでおり、今後も博報堂効果が続くものと思われますので、個人的な予想としては、売上高450億、営業利益14億と予想します。

株価予想

ここまで決算を見てきましたが、投資家のはしくれとして重要なのは株価になります。これまでずっと下落チャートを形成してきたアドウェイズですが、ようやく実績が伴って来たことからチャートがきれいな上向きのチャートになっております。そこに来て今回の超絶決算が発表されたため、既にptsではストップ高で張り付いた状態。(20年11月6日時点)

期待通りの利益が出ていれば100円上げて次は550円前後と予想していましたが、その倍の利益を稼いできた訳ですから、200円上げて650円前後を推移して行くのではないかと予想します。

ただし、おすすめはしません。この株はLINE上場騒動の時から下がり続けているため売るに売れない人が多く、またその時に高値で社長が売り抜けると言う事態も巻き起こしてますので、この会社を好きで保有している人は少ないはず。(前回も書いてますが、もう一度改めて。)

あとは気になるのが機関の空売り。野村とモルガンがどう出て来るか。徐々に数量を減らして来た空売りが決算発表直前に10万近く残高を増やしています。実績相場のため、こいつらが丸焦げになれば今までの経緯も含めて気持ちがスッキリするのですが。はてさて。

タイトルとURLをコピーしました