【2021年3Q決算結果】赤字拡大!カジノ銘柄?コムシードの決算結果分析と今後の投資スタンス

コムシード

コムシード(3739)

私の保有株であるパチスロアプリのコムシードです。グリパチの次の柱を探し続けて数年。昨年はアイドルアプリ、PUPG制作メーカアプリ、有名アニメIPと夢が膨らむ内容でしたがことごとく・・・。

出典 コムシードホームページより

そんな中、2月10日に21年3Qの決算が発表されましたので、コムシードの決算の解説とそれに合わせた私の投資スタンスを記載したいと思います。

21年3月期 第3四半期決算

早速ですが、2月10日に発表された21年3月期第3四半期決算ですが、第三四半期累計売上高10.31億円(前年同期比+17.0%)、営業利益-1.39億円(赤転)、経営利益-1.48億円(赤転)でした。

それもこれも全てビバモン賭博に失敗した結果ですね。そしてワンパン賭博はトントンと言った感じでしょうか。ビバモンは人知れず終了ですしね。。

出典 コムシードホームページより

決算短信の中身では予想通りですが、新たなアイドルアプリやアニメIPの話などは一切出ておらず夢を感じさせる内容は皆無です。その代わりにソーシャルカジノ事業のための子会社を韓国に設立すると言う内容が出ています。

出典 コムシード決算資料より

中長期的な総合エンターテインメントオンラインプラットフォームを目指し、ソーシャルカジノについてグローバルな知見とノウハウを有する人材を中心に韓国現地法人を設立。

うーん。なんか匂いますね。父さん臭がしてきました。
あくまで個人的な意見ですが、こんな資本金で総合エンターテインメントオンラインプラットフォームって。1本のアプリの無名ユーチューバーへの宣伝費で大赤字決算になってる会社が何言ってるんだか、と思ってしまいました。

博打要素としては韓国の大手カジノゲーム会社と手を結んでグリパチで培ったパチスロの要素を(韓国がいつもやる手ですが)少しパクって改良して出すとか。ゲーム性はほとんど同じで絵柄を少し変えるww

あると思います。

3か月業績の推移から見てみる

四半期決算の推移を見てみると、前年同期比で売上が+13.6%、営業益赤転となっています。
増資資料から2千万円程度の黒字を予想していましたが予想を下回って来ました。。

出典 株探より

ワンパンマンでの利益は想定より低いようですね。

予想通りでしたが、ある程度の売上が続いているワンパンがあってもなくてもコムシードの利益は変わらなそうです。取り分が低いんでしょうね。

通期の売上・営業利益予想

予想する意味がない。
この一言です。

株価予想

ここまで決算を見てきましたが、投資家のはしくれとして重要なのは株価になります。

チャートとしてはワンパンマン期待の思惑外れたあたりから急降下で浮上の兆しもありません。そして浮上のために次のアニメIPなりアイドルアプリなりに期待していたのにその記載が一切ありません。

出典 株探より

今回の決算でも大赤字、中長期的な話しか書いていないので直近の夢も希望もありません。あとは韓国現地法人設立までした事に対して、何か具体的に柱になるものが作れるかどうかですが・・・。と言う事で次の通期決算までは横、もしくは下に向かって行くのではないかと予想します。

個人的には既に保有している株でかなり値下がりしてしまったので、かなり困ってしまいました。
まぁ今売っても仕方ないので父さんにならないことを祈りつつ、短期的な夢(アニメ、アイドル)が隠れていること、長期的な博打(カジノ)に勝つことを期待します。

仮にどれかが当たればトンデモナイ価格まで飛んでいくことは間違いないですし。

タイトルとURLをコピーしました