理由不明の暴落発生!その時私は三井住友FGとSUBARUを買い増し

SUBARU

齢43才のサラリーマン投資家まさです。

先日、全世界の株式市場でプチクラッシュが発生しました。

理由として言われたのが・・・

・新型コロナのデルタ株の感染が拡大しつつある
・いままで上昇して来たので調整局面が来た
・テーパリング議論を飛び越して金利上昇される予定が出た
・米国10年国債金利が下落
・OPECで減産合意できず

などなど。

ただ、どれもこれも発表のタイミングが一致しなかったり
そんな下落するような内容か?
と言った内容だったり。

と言う事で。

皆さんは信念をもって取引していますか?

私は下記信念のもと、行動を起こしました。

明確な理由がない時は買い

先日長期塩漬けしていたアドウェイズを売却したこともあり
資金に余裕がある私は株の追加購入を決めました♪

まさ
まさ

負け臭漂いますが、大丈夫でしょう!

1.三井住友FG

今回のプチクラッシュは米国株が発端です。

三井住友FGに関しては米国10年国債金利が1.7%から1.2%まで
下がったことによる影響を受けています。

少し前まで
「何処まで金利上昇するんだろう??」
なんてことが話題になっていたのにも関わらず。

投資家心理って難しいですね。

ただ事実として近々米国国債の金利を引き上げることが
分かっています。(現時点ではですが)

そして投資家心理は揺れ動く。

つまり、大きく下落したモノは揺り戻しすはず!

さらに、現在の配当利回りが5.4%を超えています。

株価が大きく回復すれば少し売り、回復しなくても
長期保有で配当利回りで稼ぐ

この2面待ちが出来るので買い増ししました。

2.SUBARU

米国一本足打法と言われているSUBARU。

検査不正問題などもありましたが、
決算的に大きな影響が出るのは米国市場です。

販売台数が発表されているので前年同月と比べると
6月になって結構な落ち込みを記録しています。

理由はご存じの通り半導体不足。

台数前年比
4月6万1839台100.5%増
5月5万6558台8.8%増
6月4万2877台20.5%減

ただ半導体不足はどこの自動車メーカも同じです。
そして「SUBARUの車が欲しい」という人が多いのも事実。

欲しいのにモノがないと言う事は、
「お金を出しても買いたい」
という心理が働きます。

だからこそ米国では大きなインフレになっています。

SUBARUの業績的に言うと
「値引きしなくても車が売れていく」
という状態だと考えますので台数が減っても利益が増えた
何てことも考えられるのではと思っています。

いずれにしてもSUBARUユーザーとしては
国内でもレヴォーグが素晴らしい出来だったのを
確認しているので応援したいと思います。

まさ
まさ

長期保有、分散投資なので気が楽です。

と言う事で、今回のプチクラッシュをキッカケに
2つの株を買い増ししました。

これから株価が低迷してしまう可能性もゼロではないですが
その際は今年の利益確定分約80万円から損益通算を行って
税金を減らしたいと思います。

中長期目線ですので配当を稼ぎつつ、いずれ来る暴騰時に利益を出す
このスタイルで行きます☆彡

タイトルとURLをコピーしました