【2020年通期決算結果】ついに減配!JT(日本たばこ産業)の決算結果分析と今後の投資スタンス

JT

JT(日本たばこ産業)(2914)

私の保有株である高配当銘柄で有名な日本たばこ産業、JTです。今までどれだけ減益でも配当は維持してきたJT。配当性向が既に80%近かったため、いつ減配が来るか!と言う雰囲気でしたが、ついに。

出典 JTホームページより

そんな中、2月9日に21年4Qの決算が発表されましたので、JTの決算の解説とそれに合わせた私の投資スタンスを記載したいと思います。

21年12月期 第4四半期決算

早速ですが、2月9日に発表された21年12月期第4四半期決算ですが、通期売上高2兆925.61億円(前年同期比-0.6%)、営業利益4690.54億円(前年同期比-22.6%)でした。

そして、ついに減配を発表!!!
前期比24円減の年間配当130円!!!

一気に24円減の減配発表となりました。
そして下記の中で「事業投資を優先」、「中長期の利益成長を実現することにより株主還元」、「配当性向75%を目安」とこれまでの様に配当優先しませんよ、という会社の方針が出されました。

6年連続減益で今年もー22.6%減、減配、株主優先の配当から利益成長優先、と今回の決算ではJT株保有者にとっては悪材料だらけ。。

と言う事で、夜間取引のPTS市場で大暴落中です。。
さて、明日はどこまで下がるのやら。。

出典 SBI PTS取引より

3か月業績の推移から見てみる

四半期決算の推移を見てみると、前年同期比で売上が-7.6%、営業利益が+27.7%となっており、増収増益となっています。ただし営業利益の増加については不動産売却益の増加が要因と言う事で一過性となっています。

出典 株探より

2021年12月期の通期見込み

2020年の決算がズタボロでしたが、そうなると期待したいのは2021年の通期見込みです。こちらで回復基調であれば。。。

と言う事で会社予想。
ズタボロ決算の2020年比で-22.6%予想って。。
そして配当性向75%目安なら、配当金130円なんて出せないでしょ・・・。

出典 株探より

クラっと来ますが、何が原因になると考えているかを確認すると国内のたばこ事業がー19%になる予想なんですね。さらに売上利益が高い海外たばこ事業もマイナス予想。ESG投資非対象銘柄ですし、伸びる要素が皆無ですねー。

出典 株探より

株価予想

ここまで決算を見てきましたが、投資家のはしくれとして重要なのは株価になります。

チャートとしては営業利益が6年連続で減益と言う事で配当は維持しているものの株価は絶賛右肩下がり中。ただ漸く底打ちして、さてこれからどうなる???
と言ったところで今回の決算です。

出典 株探より

と言う事で、今回の決算発表結果を受けて底抜けすることがほぼ確定したような状況です。と言う事で、次の興味はどこで下げ止まるのかと言う事ですが、1800円で一旦止まって欲しいなと言ったところでしょうか。

個人的には既に保有している株で、株主優待も配当もまだまだ高い状態でありますので暫くキープかなーと考えています。ただし下手なナンピンスカンピンにならないように追加投資は避けようかな(;^ω^)

ちなみに優待は下記となっており、1年以上保有すると200株で4500円相当品になるので、安定した業績と合わせて考えると基本的に長期保有する株かなと思っています。(というか、株主優待はやめないよね!?)

出典 JTホームページより
タイトルとURLをコピーしました