自社株買い急増!?要因と今後について考える【2021年5月】

投資関係

最近、自社株買いが凄く増えていると思いませんか?

少し前までは自社株買いやる=株主還元を凄く重視しているんだなー、と思っていました。
でも最近は決算発表があるたびにいたるところで自社株買い発表がされています。

まさ
まさ

自社株買いはなんで増えてるんだ?

自社株買いはなぜ増えたのでしょうか?

自社株買い増加の原因

少し調べてみると大きいのは日銀のマイナス金利政策が原因だと言われています。
普通はお金を貸したら金利分増えるのに今は逆。

銀行が日銀にお金を入れたらドンドン減っていくことになります。

そうなれば銀行は日銀に預けると損になります。
つまり銀行はお金を預かりたくない状態になります。

となると企業や個人の預金に対する金利がどんどん減っていき、いずれはマイナスも!?
という状態になります。

つまり。
 ⇒金利がどんどん減って行く。
 ⇒お金を余らせていても稼げない(更に進めばお金がどんどん減っていく状態)
 ⇒企業としては役に立っていないお金と判断
 ⇒自社株買いを行い、配当金の支払い
 ⇒株価向上に伴う企業価値向上を行って行こう
となる訳です。

そしてこのコロナで意外と利益が出ている企業が増えています。

その利益を経済活動に使いますか?
それとも銀行に預金として保管しますか?

コロナによって日本国政府はお金をじゃぶじゃぶ出しています。
でも経済活動が出来ないのですから一向に経済が上向きになりません。

経済活動に使う事も出来ない。
そして前述の通り、銀行に預金していても金利が出ない。

つまりそういうことです。

今後の日銀の動きにと一般市民のパラダイムをシフトするべき

日銀としてはコロナで萎んだ景気を回復する必要があります。

そしてインフレ目標達成すると言う使命もあります。

しかし既にマイナス金利です。

更にこれ以上お金を出しても誰も経済活動が出来ない状況です。

つまり企業も使い道がなく、だれも借りる人が居ない状況です。

では日銀が出来る手段は何か?

そうです。
更にマイナス金利を拡大させるのです。

そうすると企業や個人で大金を保有しているお金持ちはどうするでしょう?

何かに使わないとお金が減り続けることになります。

であればお金で持っているより、物を買う、土地を買う。

そして、投資商品を買う、となります。

今までの日本人は投資は損、預金は絶対でした。

株は詐欺商品、お尻の毛までむしり取られるとまで言われる始末。

しかし、今はパラダイムがシフトしています。

どう転んでも投資商品は今後、上昇する可能性が高い世の中になって来ています。

銀行に預けてあげているのに何でお金を取られるの?

なーんてことを嘆いていても、そういう世の中なんです。

ちなみにうちの母親です。

母親世代にとってはお金を稼ぐ必要もありません。
ただ減るのを抑えればいいのです。

でも私たちはそれでは生きていけません。

と言う事で詐欺にあわないように
一緒に金融リテラシー必須で稼ぎましょう!

そしていつの日かファイヤー!

タイトルとURLをコピーしました